ホーム  通販   お問い合わせ   会社概要           カートの中を見る

2018年8月20日まで、ご注文をお受けしてから、
基板の発注と部品調達を行ないますので、発送は9月末になります。


AF-DSPフィルタ−・キット (SSB/CWのノイズと混信を低減する、デジタル式、音声フィルター・キット)
KEM-AF-DSP-FIL
DSP(デジタル・シグナル・プロセッサー)を使用した、デジタル方式の音声フィルター・キットです。
マイコン制御のため、非常にシャープに切れるフィルターが作れます。
両サイドを、200Hzで約-40dB〜-50dB、減衰させています。

※上側についている、ピンヘッダーは付属しません。
※ボリュームとLEDは付属します。(ボリュームつまみは付属しません)
用途
フィルターの通過帯域(標準装備 DSP-IC)
SSBモード 8タイプ CWモード 7タイプ × 中心周波数2タイプ(600Hz、800Hz)
  通過帯域 (Hz)
1 350 - 2000
2 350 - 2200
3 350 - 2400
4 350 - 2600
5 350 - 2800
6 350 - 3000
7 500 - 2200
8 500 - 2400
  バンド幅 (Hz)
1 100
2 200
3 300
4 400
5 500
6 600
7 700
仕様
入力端子 無線機のヘッドフォン出力をつなぎます。
最大入力レベル 2Vpp
入力レベル
確認用LED付き
入力レベルが1.6Vppをオーバーした場合に、LEDが点滅します。
出力アンプ 約500mWのオーディオアンプを内臓しています。
スピーカ、又はヘッドフォンが接続できます。
DSPのバイパス 入力をDSPフィルタを通らずに、出力アンプにつなぐことができます。
減衰量 両サイドを200Hzで約-40dB〜-50dB減衰させています。
電源電圧 10V〜14VDC
電源電流 約190mA
基板サイズ 50mm × 50mm
測定例
※この精度を保証するもではありません。測定環境により状況は変わります。
理論的には、200Hzで-50dB減衰するように、DSPで計算を行っています。
測定結果を見ると、実際の減衰量は、約-40dB〜-50dBの間になっています。
SSBモード 帯域 350Hz〜2200Hz           X目盛=500Hz Y目盛=10dB
CWモード  帯域幅 100Hz  中心周波数 800Hz   X目盛=500Hz Y目盛=10dB
ご注文
2018年8月20日まで、ご注文をお受けしてから、
基板の発注と部品調達を行ないますので、発送は9月末になります。

ご注文方法は、こちらをご覧ください。
KEM-AF-DSP-FIL  4,700円  
通販の詳細は、こちらをご覧ください。
免責事項
当社のキットを利用することによって、いかなる損害あるいは問題が発生しても、当社及び開発者は、一切の責任を負いません。また、当社及び開発者は、一切の賠償及び補償を行いません。
バージョンアップ情報
CPU内臓プログラムの更新をご希望の場合は、CPUと返信用の120円切手を同封して郵送してください。
※HEXファイルによるバージョンアップは、行っていません。
※バージョンアップには、バグ修正も含まれます。

        ・バージョンアップ情報はありません。