ホーム  通販   お問い合わせ   会社概要

販売終了しました。

低周波出力付 DDS-VFO  1Hz〜24MHz
KEM-DDS-VFO+AF
・高周波出力   1Hz〜24MHz (理論値)

・低周波出力A 10Hz〜200KHz (600Ω出力 0V〜約1Vpp)
・低周波出力B 10Hz〜100KHz (8Ω出力 約1W )
・低周波出力ABは、基板上のボリュームにて出力レベルを変更できます。
・低周波出力端子は、下の写真のように1つです。ABどちらを出すかは、ジャンパースイッチで切り替えます。


仕様
DDS-IC  
 AD9834 (実装済み)
  
基準クロック  48MHz
高周波出力
 1Hz〜24MHz (理論値)
 約 500mVpp固定 (出力端開放 10MHzにて)
 インピーダンス 200Ω

 カットオフ周波数 24MHz のLPFが入っています。

 理論的には、基準クロックの1/2まで設定はできますが、DDSの性質上、
 出力周波数が高くなるにつれスプリアスも増えます。
 
低周波出力  
 600Ωと8Ωの2系統があり、切り替えになっています。
 基板上のボリュームにて、出力レベルを可変できます。
 
 (A) 600Ω出力
    10Hz〜200KHz
    0V〜約1Vpp 

 (B) 8Ω出力 パワーアンプ(NUM386BD)が入っています。
    10Hz〜100KHz
     最大 約1W  (スピーカーを接続できます。)

 ABどちらも、300KHzぐらいまで、出力はでますが、上記の周波数を超えると、
 ひずみが大きくなります。

 周波数は、エンコーダとLCDで、1Hz単位で、設定できますが、
 出力電圧は、ボリュームによる設定のため、分かりません。
 
 そのため、出力電圧を知りたい場合は、別途、交流電圧計のような
 測定器が必要です。

ステップ  1Hz 〜 10MHz 可変
 ボタン操作にて、LCD上でカーソルを動かせるため、自由な桁でアップダウンができます。
メモリー数  20チャンネル
 電源ON時に、0番チャンネルが設定されている場合、0番の周波数でスタートします。
オフセット表示  オフセットした、周波数を表示できます。
 オフセット周波数は、ボタン操作で設定できます。
 電源を切っても記憶されます。
逓倍表示  外部で逓倍する場合、逓倍された周波数を表示できます。
 逓倍の倍率は、ボタン操作で設定できます。
 電源を切っても記憶されます。
逆方向表示  周波数の変化とは、逆方向に表示を変化できます。
送受信スイッチ  端子のON/OFFにより、受信時にRITの値を加算し、送信時にはRITを無視します。
RIT機能  あり
基板サイズ  100mm×100mm 突起部を含まず
電源電圧  DC 9〜14V
消費電流  約200mA
ご注文
販売終了しました。

発送には、2か月程度かかります。

ご注文方法の詳細は、こちらをご覧ください。
LCDには、秋月電子のSC1602BS-B(-S0-GS-K)を使用しています。
(注意)LCDなしには、LCDと基板を接続するコネクタもありません。
免責条項
当社のキットを利用することによって、いかなる損害あるいは問題が発生しても、当社及び開発者は、一切の責任を負いません。また、当社及び開発者は、一切の賠償及び補償を行いません。
バージョンアップ情報
CPU内臓プログラムの更新をご希望の場合は、CPUと返信用の120円切手を同封して郵送してください。
※HEXファイルによるバージョンアップは、行っていません。
※バージョンアップには、バグ修正も含まれます。
現在、バージョンアップ情報はありません。