ホーム  通販   お問い合わせ   会社概要           カートの中を見る

周波数特性 測定・キット インピーダンスの測定も可能(オプション)
KEM-FRAS-160M 低周波から高周波まで使用可能な、周波数特性 測定・キットです。
写真のピンヘッダーは付属しません。
※RS-232Cコネクタは付属します。(RS-232C以外のコネクタ類は付属しません)
※表面実装のDDS-IC(AD9953)は、あらかじめ半田付けされています。DDS-IC以外は各自での半田付けしてください。
特徴
構成
キットは、DDS発振ボード、dBm変換ボード、RS-232Cボードの3枚のキットから、出来ています。

dBm変換ボードが、発振回路と別ボードになっているため、デジタル回路からのノイズの影響が少なくなっています。
パソコンにRS-232Cがない場合は、USB接続のRS-232C変換ケーブルが利用できます。
測定例
7MHzのローパスフィルタの測定例 (定K型 2段)

A, B 2チャンネル化 オプション
オプションの、Bチャンネル用のdBmボードを追加することで、下図のように A, B 2チャンネルの測定が可能になります。

ゼロスパン機能を利用すれば、X軸が時間になり、2チャンネルのdBmレコーダにもなります。
インピーダンス測定
A,Bの2チャンネルを使い、インピーダンスの測定が可能です。(Bチャンネルはオプション)

インピーダンスの測定方法の詳細は、こちらをご覧ください。
下の図は、LC並列共振回路を測定しているところです。
下の図は、12MHzのクリスタルを測定しているところです。
仕様
DDS 出力周波数 100Hz〜160MHz
1Hzから設定できますが、100Hz以下ではレベルが低くなります。

出力にはローパスフィルタが入っていません。
必要な場合は、外部に入れてください。
DDS 出力レベル 約-7dBm
dBm 測定範囲 約 -73dBm〜+15dBm
ノイズフロアは、約-73dBmです。
入出力 インピーダンス 50Ω
周波数分解能 DDS発振器は、最少1Hzステップで発振できるため。
最少分解能は、1Hzです。
電源電圧 5VDC 固定
電源電流 約200mA
Windowsプログラムのダウンロード
※RS232C(COMポート)がない場合、起動しないか、動作中にエラーを起こす場合があります。

※USB-RS232C変換ケーブルなどを、接続してから動かしてください。

KEM-FRA-V30.ZIP 370KB  2012年10月12日 更新  
Windows-XP,  Windows7,  Windows8, Windows10 での動作確認ができています。

本キットがなくても、実行できますので、購入前に動作確認ができます。

ご注文
※発送には、30日程度かかります。

下記の免責事項にご同意の上で、「カートに入れる」ボタンを押してしてください。
KEM-FRAS-160M          9,700円  
Bチャンネル用 オプションボード 2,000円  
通販の詳細は、こちらをご覧ください。
Bチャンネル用オプションと CPUのバージョン (古いKEM-FRAをお持ちの方専用)
CPUに、KEMFRAV01と書いている方は、Bチャンネルを使うには、CPUのバージョンアップが必要です。
CPUのバージョンアップ方法は、下記をご覧ください。
免責事項
当社のキットを利用することによって、いかなる損害あるいは問題が発生しても、当社及び開発者は、一切の責任を負いません。また、当社及び開発者は、一切の賠償及び補償を行いません。
CPUのバージョンアップ
CPU内臓プログラムの更新をご希望の場合は、CPUと返信用の120円切手を同封して郵送してください。
※HEXファイルによるバージョンアップは、行っていません。
※バージョンアップには、バグ修正も含まれます。

        ・2012年9月10日 Ver2.0 A,Bの2チャンネルに対応