ホーム  通販   お問い合わせ   会社概要

周波数特性測定 & スイープ発振 キット 
KEM-FRAS-Si5351


写真のピンヘッダーは付属しません。
※RS-232Cコネクタは付属します。(RS-232C以外のコネクタ類は付属しません)

周波数特性 測定画面

※下記のWindowsソフトは、KEM-FRA-160M用のものを、流用しているため、
 Bチャンネルとインピーダンス測定の、項目がありますが、本キットでは、
 無効です。(Bチャンネルがないため。)

下の画面は、入出力を直結した状態での測定です。
ノーマライズは行なっていません。このdBm値が発振ボードの出力になります。




下の画面は、ノーマライズを行なっています。
ノーマライズを行うことで、疑似的に特性をフラットにできます。
青い線が0dBmに重なって、見えにくくなっています。




下の画面は、ノイズフロアです。このノイズフロアが、各周波数における、dBm測定の下限値になります。
発振ボードとdBm変換ボードが、10cmぐらいの距離で測定しています。
この距離を離すと、もうすこし下がると思います。
切れている、30MHz以下は、-72dBmぐらいです。

スイープ発振
KEM-DDS-AD9953用のWindowsプログラムを使用して、パソコンからスイープ発振の制御が行えます。
下の画面には、出力レベルの設定がありますが、本キットでは無効です。

Si5361Aの出力ピンを、そのまま基板端子に出しています。
Si5351の出力は、矩形波(方形波) 3.3Vpp デューティ比 50%です。


仕様
測定範囲
10KHz 〜 150MHz

発振出力レベル
周波数で変化するため、下記の値は70MHzでの測定値です。

ATT ON  +5dBm   
ATT OFF   +15dBm  

基板上に -10dBmのATTを搭載してます。
ATTはジャンパーで、ON/OFFできます。

矩形波(方形波) 3.3Vpp デューティ比 50%
S5361Aの出力ピンを、そのまま基板端子に出しています。

dBm 測定範囲 下限 ノイズフロア -73dBm〜-60dBm (周囲条件で変動します。)
上限 +15dBm  (AD8307の上限です。)
入出力 インピーダンス 50Ω
電源電圧 5VDC 固定
電源電流 約200mA
Windowsプログラムのダウンロード
プログラムは、KEM-FRA-160Mのものを、そのまま使用してます。

※RS232C(COMポート)がない場合、起動しないか、動作中にエラーを起こす場合があります。

※USB-RS232C変換ケーブルなどを、接続してから動かしてください。

KEM-FRA-V40.ZIP 370KB  2017年  9月4日  更新
V40は、Windows10でコンパイルしているため、Windows10以外の動作は、不明です。

KEM-FRA-V30.ZIP 370KB  2012年10月12日 更新  
V30は、Windows-XP,  Windows7,  Windows8, Windows10 での動作確認ができています。

本キットがなくても、実行できますので、購入前に動作確認ができます。
KEM-DDS-SWEEP Ver1.00 364KB スイープ制御プログラム
AD8307無しバージョン
dBm変換ボードに使用している、ログアンプ(AD8307)は高価なICなので、AD8307をお持ちの方用に、
AD8307無しバージョンもあります。

AD8307無しバージョンの場合、AD8307と8ピンのICソケットが付属しません。それ以外の部品は付属します。
ご注文
発送には、1〜2か月程度かかります。

ご注文方法は、こちらをご覧ください。
KEM-FRAS-Si5351  AD8307付き        5,800円 

KEM-FRAS-Si5351  AD8307無し        4,800円 
通販の詳細は、こちらをご覧ください。
免責事項
当社のキットを利用することによって、いかなる損害あるいは問題が発生しても、当社及び開発者は、一切の責任を負いません。また、当社及び開発者は、一切の賠償及び補償を行いません。
CPUのバージョンアップ
CPU内臓プログラムの更新をご希望の場合は、CPUと返信用の120円切手を同封して郵送してください。
※HEXファイルによるバージョンアップは、行っていません。
※バージョンアップには、バグ修正も含まれます。

        ・バージョンアップ情報は、ありません。