ホーム  通 販   お問い合わせ   会 社概要

お知らせ
  ・最近、外注に出している組立に、2か月以上かかっています。

第4ロット(部品の取り寄せ中)
 2023年2月15日まで、募集します。 
 発送は2023年4月になります。

第3ロット(組立中)
 2023年1月30日まで、募集します。 
 発送は2023年3月になります。

第1、第2ロットの発送は、完了しました。

DSP処理による、SSB用イコライザ ーアンプ + 集音器(完成ボード)
N-SSB-EQ 
DSP(デジタル・シグナル・プロセッサ)を使用した、SSB用イコライザです。
集音器としても、使用できます。

                 

      ・写真の左側のボリュームは、入力マイクアンプのゲインを、100倍〜200倍の間で調整できます。

      ・写真の上側のボリュームは、音声ボリュームです。(ライン出力と、スピーカ出力のボリュームです。)

      ・音声ボリュームを、外部に取り付けることも可能です。

  特 徴
無線機との接続
無線機との接続は、送信と受信で次のようになります。
・送信で使用する場合
マイク --> 本ボード(ライン出力) --> 無線機のマイク入力
・受信で使用する場合
無線機のヘッドフォン出力 --> 本ボード --> スピーカ(ヘッドフォン)
イコライザの動作
低音と高音に、別々に、DSPがイコライザをかけます。

イコライザがかかる、低音周波数帯は、150Hz以下と、250Hz以下の切替です。
イコライザがかかる、高音周波数帯は、1600Hz以上です。
ゲインを増加方向に設定した場合、簡易的なマイク・コンプレッサーとしても使えます。
イコライザのゲインは、1/2, 1/4, 1/8, 1, 2, 4, 8倍を、低音と高音に別々に設定できます。(ディップスイッチで切替)

・周波数特性
  下記ブラフの、高域がふらついているのは、スイープ発振器がふらついているためです。
 
・イコライザ OFF 
    イコライザを通さない状態です。
    低域が減衰するのは、結合コンデンサの影響です。
   
 
・低域減衰(1/8) 高域減衰(1/8)
   

・低域増幅(x8) 高域増幅(x2)
    

・低域増幅(x4) 高域減衰(1/8)
   

 ・低域減衰(1/8) 高域増幅(x2)
   
仕様
イコライザ周波数帯 低音周波数帯 150Hz以下と、250Hz以下の切替
高音周波数帯 1600Hz以上
イコライザのゲイン 1/2, 1/4, 1/8, 1, 2, 4, 8倍の7段階
低音と高音に別々に、設定できます。
ディップスイッチで切替えます。
集音器のゲイン CPU内部でプログラム的に、2,4,8倍に増幅する機能があります。
ディップスイッチで切換えます。
集音器として使用するときに、感度を上げたい場合に使用します。
入力レベル
確認用LED付き
入力レベルを適切にあわせるために、LEDによるインジケータがついています。
マイクアンプ 100〜200倍の可変ゲインアンプ搭載
出力アンプ 約1Wのオーディオアンプを搭載しています。
スピーカ、又はヘッドフォンが接続できます。
イコライザのON/OFF ディップスイッチにて、イコライザ機能をON/OFFできます。
電源電圧 3.0V〜3.3V
電源電流 60mA〜200mA
接続するスピーカ(イヤフォン)によって変動します。
8Ω 0.5Wのスピーカの場合最大150mA
基板サイズ 60mm × 50mm
マ ニュアル
マニュアルを、PDFファイルにて公開していま す。
こちらから、ダウンロードしてください。
ご 注文
発送時期は、このページの先頭をご覧ください。

ご注文方法は、こちらをご覧ください。
下記の免責事項に、ご同意の上で、お申込みください。

N-SSB-EQ     5,800円
免責事項
N-SSB-EQを利用することによって、いかなる損害あるいは問題が発生しても、当社及び開発者は、一切の責任を負いません。ま た、当 社及び開発者は、一切の賠償及び補償を行いません。
バージョ ンアップ情報

      現在、バージョンアップ情報はありません。