ホーム  通 販   お問い合わせ   会 社概要

周波数カウンタ + 発振器
通常カウンタとレシプロカル・カウンタの切替が可能です。

2024年7月18日 SIN波形の出力が可能になりました。
          ロータリーエンコーダによるアップダウンが可能になりました。
2024年7月22日 Si5351, AD9833, AD9834が接続可能になりました。

X-CNT-GEN


※お送りするのは、上写真のディスプレイ付きCPUボードのみです。
※コネクタとか電線、ブレッドボードなどは付属しません。

◎Si5351とAD9833を接続した最大構成 (CPUボード以外は付属しません)
 ・市販の Si5351、AD9833、AD9834モジュールが接続可能です。(AD9833とAD9834はどちらかの選択になります。)
 ・それぞれの発振周波数は、個々にエンコーダからアップダウンでき、別々の周波数で動かせます。
 ・エンコーダでアップダウンする発振器は、ポートのON/OFFで選択できます。
 ・エンコーダの1ステップの周波数は、Wi-Fi経由でブラウザから設定できます。
  

◎CPUボードのみの最小構成
  

ロータリエンコーダを接続し、発振周波数のアップダウンが可能です。
周波数ステップは、ブラウザから自由な周波数を設定できます。(下記のWi-Fi接続を参照)
ロータリエンコーダは付属しませんので、下記リンクの秋月電子さんから購入してください。
https://akizukidenshi.com/catalog/g/g106357/
    

電源は、USB、5V、3.3V、電池で動作します。
  

◎通常方式の 周波数カウンタ (ゲートとカウンタの組み合わせ)
    ・測定範囲 5Hz~40MHz (ボードばらつきで、少し変動します)
    ・入力波形 方形波 Low=0V  Hi=3.3V (理論値)
    ・精度 高精度 (メーカー製の周波数カウンタとの比較では、大きなずれはありませんでした)

◎レシプロカル方式の 周波数カウンタ (波形の周期を測定し周波数を計算)
  ・レシプロカルは、周期を測定するため、低い周波数の測定に適しています。
    ・測定範囲 1Hz~1KHz (測定は10KHzぐらいまでできますが、500Hz以上は通常方式の方が精度がいいです。)
  ・最小表示 0.001Hz (精度ではありません。)
    ・入力波形 方形波 Low=0V  Hi=3.3V (理論値)
    ・精度 メーカー製のオシロで入力波形(10Hz)の周期を観測すると、大きなずれはありませんでした。
     ただし、レシプロカル方式の場合、周波数が高くなれば、精度が下がります。

CPUボードからの サイン波  出力 (MAX=30KHz)
  サイン波と矩形波は、別々の端子から同時に出力しています。
    
  ・出力波形 サイン波
  ・発振範囲 20Hz~30KHz (30KHz以上が必要な場合は、AD9833/4モジュールの接続をお勧めします)
  ・振幅レベルを2段階に指定可能 3.3Vpp 1.6Vpp  (理論値)

CPUボードからの 矩形波  出力 (MAX=20MHz)
   
    ・出力波形 矩形波 Low=0V  Hi=3.3V (理論値)
    ・発振範囲 250Hz~20MHz
    ・精度
            1MHz以下 高精度 
            1MHz以上 ばらつきがあり(高精度な1MHz以上が必要な場合は、Si5351モジュールの接続をお勧めします)
    ・誤差の測定例
        1MHz以下  (大きな誤差はありません)
                 設定した発振周波数 -> 周波数カウンタでの測定値
            250Hz -> 250Hz 300Hz -> 300Hz 500Hz -> 500Hz 1000Hz -> 1.000Hz 2000Hz -> 2.000Hz 5000Hz -> 5.000Hz 10KHz ->10.000Hz 100KHz ->100.000Hz 500KHz -> 500.000Hz 700KHz -> 700.028Hz 900KHz -> 900.141Hz
  1MHz以上 (周波数によって誤差が変動しています)
1MHz -> 1.000.001Hz 2MHz -> 2.000.002Hz 3MHz -> 3.001.173Hz 4MHz -> 4.000.003Hz 5MHz -> 5.000.005Hz 6MHz -> 6.002.351Hz 7MHz -> 7.004.111Hz 8MHz -> 8.000.008Hz 9MHz -> 9.014.094Hz 10MHz -> 10.000.010Hz 20MHz -> 20.000.020Hz


◎Wi-Fi接続
    ・本ボードはWi-Fiの、親機として動作します。
    ・パソコンとかスマホを接続しブラウザにて、周波数カウンタの表示と、発振周波数の設定ができます。
            周波数カウンタの値は、リアルタイムで表示できます。(更新は1秒間隔)
    

            スマホのブラウザからも、同様に可能です。
             

            発振周波数、起動周波数、エンコーダのステップ周波数もブラウザから可能です。
    

◎ターミナルからの制御
    ・本ボードの発振周波数は、USBで接続したパソコンのターミナルソフトからも設定できます。
    ・制御コマンド
        F:発振周波数の設定
        W:電源ON時の起動周波数の書込み (フラッシュメモリに記憶します)
    ・周波数カウンタの測定値は、USB経由でパソコンへ送信しています。
   下は、ターミナルソフト(Tera Term)で受信し表示しています。(9600bps)
       



◎電源
  USB、5V、3.3V (電池動作可能)
 
ご注文 方法の詳細は、こちらをご覧ください。

◎下記の免責事項にご同意の上で、ご注文ください。

お振込みの場合は、定形外郵便(120円)でお送りします。
  ・お振込みにて、2台以上の場合は送料サービス(0円)です。
  ・代引きも可能です。代引きの場合は、個数にかかわらず送料970円です。

※お送りするのは、ディ スプレイ付きCPUボードのみです。

◎価格
    発送には、2週間程度かかります。(CPUボードを海外から取り寄せいる関係で、場合によっては2週間以上かかる場合もあります。)
    X-CNT-GEN 2,800円
免責事項
本製品を利用することによって、いかなる損害あるいは問題が発生しても、当社及び開発者は、一切の責任を負いません。また、当 社及び開発者は、一切の賠償及び補償を行いません。
バージョンアップ情報
CPU内臓プログラムの更新をご希望の場合は、ボードと返信用の120円切手を 同封して郵送してください。
※HEXファイルによるバージョンアップは、行っていません。
※バージョンアップには、バグ修正も含まれます。
現在バージョンアップは、ありません。