ホーム  通販   お問い合わせ   会社概要

7MHz AM 送信キット
KEM-TX7-AM
写真のピンヘッダー(コネクタ類)は付属しません。
写真のコンデンサマイク(ECM)は付属します。(写真と形状が違う場合もあります)
・付属の内部発振器を使用する場合は、7.195MHz固定です。
 別売の外部VFO(KEM-VFO-Si5351)を接続すれば、7.000〜7.200MHzにて周波数を可変できます。

・電源はDC9V〜14Vの範囲で動作します。

・無調整です。組み立て時の調整箇所はありません。(マイクゲインは調整可能です)
・AM受信機には、KEM-RX7-DXが使用できます。
仕様
電波形式  AM
送信周波数
 付属の内部発振器を使用する場合、7.195MHz 固定です。

 別売の外部VFO(KEM-VFO-Si5351)を接続すれば、
 周波数を可変にできます。7.000〜7.200MHzが可能です。

出力電力  約1W 
  ※無変調時のピーク電力です。(電源13.8V)
  ※素子のばらつきで変動します。
マイク  エレクトリックコンデンサマイク(ECM)が付属します。
マイクゲイン  マイクゲインは、トリマ抵抗にて調節可能です。
アンテナ切替  受信機へのアンテナ切り替えリレーを、搭載しています。
電源電圧  DC9V〜14V (電源電圧により出力電力は変動します)
消費電流  約500mA
基板サイズ  100mm×50mm
リニア・アンプの接続
リニアアンプ(KEM-LINER-HF)を接続すれば、10Wでますが、そのままでは、AM送信の場合、
リニアの放熱器の放熱が追いつかないがめ、長時間の連続送信はできません。

リニアの放熱器を大きなものに交換するか、ファンなどで放熱器を、強制的に冷やせば10Wも可能です。

付属の放熱器を使用する場合は、AM送信の場合、5W以下にアイドリング電流を、調整してください。
ご注文
発送には、3か月程度かかります。

ご注文方法の詳細は、こちらをご覧ください。

KEM-TX7-AM 4,200円
免責事項
当社のキットを利用することによって、いかなる損害あるいは問題が発生しても、当社及び開発者は、一切の責任を負いません。また、当社及び開発者は、一切の賠償及び補償を行いません。